カテゴリ:植物の記録( 54 )
三代目、ヨウシュコバンノキ
ヨウシュコバンノキは、どうしても冬が越せず。寒くなって徐々に落葉して…そのまま芽吹かない。悲しい。というのを繰り返す事2回。

「そうか、この植物は私の住環境では無理なのか」とあきらめていましたが、
引っ越しして浮かれていた2年前、懲りずに手頃な苗をつい買ってしまったんですね。

ところがこの三代目はその後2度の冬を経て、こんなに立派になりました!
c0202703_953561.jpg
現在丈が50cm強です。

引っ越ししてワンルームから1DKになったのですが、この一部屋の違いはとても大きいな、と思います。
部屋数というより、窓の数と向きでしょうか。以前は南と西にあった窓が、今は東と南。以前は午前中、日陰過ぎたのかなと思います。

木が育つにつれて、落ち葉がけっこう出るのが難点ですが、苦にならない位可愛い。このまま育ってくれるのを願うばかりです。
[PR]
by masenaho | 2016-07-23 10:15 | 植物の記録
ウンベラータ観察記。
c0202703_17494319.jpg2週間前にちょこんと頭を出したウンベラータの芽は、みるみる膨らみました。

小さな茗荷みたいになったな…と思ったのもつかの間。あっという間に枝葉を伸ばしています!
毎日、新たな葉が出てくるので、観察するのが日々の楽しみ。
c0202703_17524822.jpg
じっと見てたら、伸びるのがみえるんじゃないか。と思える成長ぶりが頼もしいです。この枝がどんどん伸びたら、すっかり「木」って感じになりますね。

切り落として水につけてある方は、ちょっと変化が停滞中。根が伸びて来ることを願います。

心配なのは、あまり観葉植物をかじらないユキが、ウンベラータにかぎっては大好きで、注意してないと葉をすぐ食べる事。美味しいのかな…
毒性は無いようですが、やっと出て来た葉がかじられるのが忍びないので、ユキからガード中。
[PR]
by masenaho | 2016-06-19 18:06 | 植物の記録
ウンベラータ、初めての切り戻し。
冬の間、葉をすこしずつ落としながら息をひそめていたウンベラータ。
暑くなった5月末、息を吹き返した様に新しい葉が次々出て来たので、勇気を出して切り戻しをしました。
c0202703_1641931.jpg
c0202703_1644865.jpgc0202703_1685944.jpg初めて育てているので、調べたのですが、まとめると…
※6月頃。
※元気そうな時。(葉が出てくる)
※葉が付いていた跡の直ぐ上で切る。
という感じ。
今だ!と思って切りましたが、この棒状になった姿、見てると不安を憶えます。

芽吹くかな…と心配でしたが、今日芽がでているのを確認。ヨカッタ!

切り落とした方も、今水につけているのですが、なんか白いものが突出してきましたよ。
これが伸びて根になるのかな。
たのしみです。
[PR]
by masenaho | 2016-06-05 16:19 | 植物の記録
before and after
c0202703_9265853.jpgお天気が悪いともう寒いですね。
過ぎた夏を、撮ってあった植物写真で振り返り。

挿し木したモンステラ、元の株は鉢も根が張り過ぎていたので、そんなに育たないかな…と思っていましたが杞憂。あっという間に葉が茂りました。
c0202703_9272638.jpg
挿し木した方は、無くなってしまった根を生やしている様子でずっと沈黙。
鉢の上からも伸びている根が確認出来てきた夏の終わりに、立派な葉を一枚出しました。一安心です。

c0202703_104481.jpgそして、丁度2ヶ月前に育てはじめたウンベラータもとっても育ちました。
こちらは鉢もふたまわり大きな物に植え付けたので、すっかり立派に。

高さもですが、葉の大きさも2倍くらいになりました。
c0202703_1023169.jpg
これは、何処かで摘心するべきなのでしょうか。
このまま上へ上へ伸びると困りますよね。来年以降悩もうと思います。

[PR]
by masenaho | 2015-09-25 10:37 | 植物の記録
きっと、フィカス・ウンベラータ
花屋でざっくり「観葉植物300円」と売られていた苗木。
ウンベラータやっぱりかわいいな。値段もかわいいね!と思って買ってきたのですが、数日後行ってみると同じ苗に「オキシカルジューム」という立て札。おっと違ってた。
c0202703_19334682.jpg
「オキシカルジューム」という名前を初めて聞いたので、暗唱しながら家まで帰って即検索です。

うーん。でも結果、やっぱりこれはフィカス・ウンベラータだと思います。つる性ではないし…以前育てていた(そして枯らしたけれど…)フィカス・ペティオラリスと近いので。

ひとまず、ウンベラータと思って育てます。
夏は大丈夫。冬が問題なんですよね。。
[PR]
by masenaho | 2015-07-22 19:30 | 植物の記録
株分け。ひとつをみっつに。
今年の春も元気に花を咲かせていたアルブカ スピラリス フリズルシズル。
…憶えられないからコピペ…

球根が鉢にぎゅうぎゅうに育っていたので分けてみました。
c0202703_14495286.jpg
花が終ったあと、5月の暑かった時に葉を一度枯らしてしまったのですが、直ぐに新しい葉が出て来たので「大丈夫そう」と思って3つの球根をそれぞれ鉢に。
モンステラと同じ時に作業。以来、ぐんぐん新しい葉が育ってます。

順調に、くるくる。丈夫なので助かります。
[PR]
by masenaho | 2015-07-05 15:02 | 植物の記録
雨上がりの朝。
今朝は、ベランダの窓を開けたら、雨上がりでキラキラでした。
私に良いカメラとそれを生かす腕があったら、きっともっと素敵写真が撮れたでしょう。
c0202703_7155235.jpg
斑入りのカポック。シェフレラっていうのが正式名称なのかな。
[PR]
by masenaho | 2015-06-27 07:23 | 植物の記録
モンステラを切る
少し余裕が出来ました。
時間ができたら真っ先にやらないと。と思っていたのがモンステラのお手入れ。
鉢からはみ出して気ままに伸びた根が嫌な感じです。
c0202703_14142136.jpg
このまま真夏に屋内に入れるのはためらわれます。
一回葉が落ちた茎から新しい葉もでてきているので、ここはばっさり切り戻して、挿し木に挑戦することにしました。

ネットで調べつつ、ひとまず豪快にはみ出た部分を新しい部分を別の鉢に。
元の鉢は…挿し木が失敗するかもしれないので、一旦そのままで。
c0202703_14272367.jpg
我が家のモンステラは、数年前に100円ショップで買ったのですが、みるみる大きくなりました。
買ったときは小さなハート型の葉が2枚だけで、手乗りサイズ。今植わっているのは30号の植木鉢です。
丈夫ですし見た目も好きですが、あんまり大きくしすぎるとお手入れしきれなくなるので、今後も切り戻したり分割したりしながら育てたい所です。

うまくいきますように。
[PR]
by masenaho | 2015-06-21 14:41 | 植物の記録
そしてコケへ
シダへの興味は簡単にコケに広がりました。
色々な所に生えていて、道を歩くのも一層楽しくなります。
c0202703_20525349.jpg
胞子体が…かわいい。
c0202703_20565495.jpg
まだまだ勉強中ですが、こちらのベチャッっとした感じのコケはゼニゴケでしょうか。モサモサの方は分からないです。

コケって根が無いって知ってました?
根みたいのは仮根というそうで、体を固定するのが主な機能で、水分とかは体全体から吸収するそう。そのおかげで土が無い所、コンクリートとか木とかにも生えることが可能なんですね。

それだけ聞いても面白いなと思います。興味持つ人増えないですかね。。
観察していると、完全に変な人なので仲間を増やしたい所です。

私が顕微鏡を買う日は、意外に近そう。
[PR]
by masenaho | 2015-04-08 21:12 | 植物の記録
木の実録
ひと月前。きのこ出てこなくなっちゃたな。と思っていた頃に 凝って撮っていたのが木の実。素敵です。
c0202703_18561127.jpg
花咲いてたっけ?
と思う様な植物も、おおっ!と思う様な洒落た実をつけたりしますよね。
形も色も色々で…目立つものは鳥かなんかにアピールしてるのかな?とか考えるのも楽しいです。
マメ型なのは、マメ科と思ってよいのでしょうか。

最近のお気に入りはこの実。
c0202703_18585794.jpg
グリーンから始まるファンタスティックなグラデーションが見事です。
グラデーションは機械的に作ると、AがだんだんBになっていく直線的な変化になりますが、自然が作るとこうなるわけですね。勉強になりますね。

自然のセンスの良さは常に圧倒的です。
[PR]
by masenaho | 2014-11-06 19:07 | 植物の記録