三重旅行記 〜ベン・シャーンとマクロビと森谷木材〜
三重県美術館でやっている「ベン・シャーン展」に行きたい行きたい!と言っていたら、三重県に新しいお友達ができたことりさんが、「三重に遊びに行くから一緒に行く?」と誘ってくれました。嬉しい…

いざ三重へ。
と向かったのですが三重に繋がる道は途中、渋滞&とんでもない雨。一時は車内の会話もいつもの2倍くらい声を張らないと聞こえない豪雨。戸惑いましたがなんとか雨も落ち着き、三重のお友達Tさんとも合流できて、無事三重県美術館に到着です。
c0202703_2155501.jpg
ベン・シャーンは大好きなので、定食屋で生姜焼き定食を食べるくらいの安心感で臨みました。
今回の三重県美術館の展示は、「丸沼芸術の森所蔵 ベン・シャーン展」ということで、「丸沼芸術の森」の所蔵作品が来ている様。息子作ベン・シャーンの彫像と、まだ「theベン・シャーン」という感じになる前の作品から始まって、社会的なテーマで描きだしたペン画、戦時下のポスター、仕事として描いただろう様々作品。子供に向けて描いたような愛らしい作品。各地で作成した壁画の習作。大きめな版画の連作。様々な絵や文字が様々に描かれているのに、どこをとってもベン・シャーン!

ボリューム的にはそんなに大量では無いのですが、バラエティに富んでいて楽しかったし満足でした。
ベン・シャーンの展覧会に行くと、センスが良くて、なのに気取ってなくて、力強くて、独特で、最高ですね!って毎回思うんです。
何回展覧会があっても、観た事ある作品ばかりでも、「ベン・シャーン展」があるなら何回でも行きたいです。

そんな心の充足感とともに次に向かったのは、二人が通っているお料理教室で一緒の方が開いているお店。「SweetsTherapy」。
c0202703_22261889.jpg
マクロビオティック系のお店で、色々珍しい食材などが並んでいて面白かったです。ランチもとってもヘルシーな感じ。色々なものがちょっとづつ。
私は肌が弱いので、きっともう少し食べ物に気をつけるべきなんだと思うのですが、つい雑に食事をしてしまうんですね。手間をかけた料理を食べるのは良いものです。

遅めの食事ですっかり胃もみたされて、最後に向かったのは三重検索をしていてたまたま見つけたお店「森谷木材 MOKUZAN」。
c0202703_22331348.jpg
木工職人の方の自宅兼お店といった感じで、様々な木工製品やアンティークというか古いもの、古い家具などなどがぎっしり!
とっても楽しい!
外からみると、なんだか加工される前のものが山盛りに置かれていて、ここは本当にお店なのか?といった風情でしたが、商品はきれいに手入れされて、とてもこだわりというか美意識を感じました。
さりげなく出してくれた冷たいお茶も、麦茶のようなさりげなさでしたが、飲んだ事のない不思議なフレーバーティーで、聞くと「チョコレート」のフレーバーティーとのこと。洒落てます。
c0202703_2240258.jpg
この日の私は、大人が遠出するとは思えない所持金しかなかったので、しょんぼり諦めましたが…欲しいものがいくつかありました。また行きたいです。

雨にも負けず、遠出の運転をしてくてたことりさん、初めて会う私に沢山の野菜をくれたTさん、ほんとうにありがとうございます。

楽しい一日でした。
[PR]
by masenaho | 2016-08-30 22:52 | 日記
<< バブーシュカを編みました。 三代目、ヨウシュコバンノキ >>