風蘭
実家で眠って、朝 リビングへ行くとテーブルの上に白い花。
前日は無かったので、間違いなく私に見せるために持って来た様です。

「これは、なんの花〜?」と尋ねると「フウラン」と父。
名前の通り、風にふかれてたなびいた様なかたち。フウラン(風蘭)とは、なんとも素敵でこれ以上は考えられないネーミングです。
c0202703_2252313.jpg
c0202703_2253844.jpg私が、父の思うつぼで写真を撮りだしたら、「持って行ってもいいぞ。」と花の終わった一回り小さな鉢を持って来てくれました。
今咲いていたのが遅咲きの株で、早咲きの株が2つあったようです。

友人の実家に自生していたのをもらったらしいのですが、成長がもの凄く遅く、なかなか大きくならないそう。
「このくらいのサイズだと高いんだぞ!」とプレッシャーをかけるので、水やりは?日当りは?冬になったら?とかあれこれ質問。

「もともと森の中で、木の根などに生えてたりするから、夏は木の葉が茂って日陰、冬は日に当たってるはず。そんな感じにしとけば大丈夫だ」と父
「なるほど〜」となんだか納得して譲り受け、持って帰ってきましたが、なかなか我が家には木陰の様な環境が見当たりません。どうしょうかな。

なんとかうまく育てて、来年の花を待ちたいと思います。


[PR]
by masenaho | 2011-08-19 23:21 | 植物の記録
<< タディングレース 練習中 成長中 >>