カラーリーフたち
夏 枯れてしまう…と心配したヒューケラ。夏を乗り越えた後も、葉を食べにやってくるコガネムシに悩まされ…やっと冬になって 冷え込んで虫も去り、すっかり元気を取り戻しました。色見も随分華やかに。
苦労した分、愛着もひとしおです。
c0202703_1237610.jpg
c0202703_12371641.jpgベランダで冬を迎えて、葉を落としていく植物もあるので、カラーリーフの存在感は日々増しています。

下の画像は、「ヒペリカム ゴールドフォーム(左)」と、「ヒポエステス(右)」。
ヒペリカムは、秋と春に葉の色が赤くなり、夏には花も咲くらしく。しかも「とても丈夫」という言葉が決めてで最近買いました。今の葉色も もの凄い彩度が高いライムグリーンで素敵です。
ヒポエステスは1年位経ちますが、夏 室外機の前で葉を半分枯らしながらも耐えて。秋には花も咲かせて元気に育ってます。

今年の冬も にぎやかなベランダになりそう。


[PR]
by masenaho | 2010-11-24 13:26 | 植物の記録
<< 大きくなあれ ごぼう茶 増産 >>