何という幸運
バジルの先端が、もしゃもしゃになったと思ったら、ずるっと伸びて花が咲きました。
初めてみました。グリーンに白が映えます。

けれども調べてみると、花が咲くと葉が固くなるとか、種になると枯れるとか、いろいろ。
正確さは分からない部分もありますが、
一般的に「葉のために、蕾みがついたら摘む」という感じみたいです。

摘んでしまう前に、記念写真。
c0202703_16401937.jpg
バジル検索をしていたら、他にも情報が。

私が育てているスイートバジルの花言葉は、
「好意」「好感」「良い望み」「何という幸運」
と なんか前向きでハッピー。
「何という幸運」って言葉 ステキです。

さらに トマトとは「コンパニオンプランツ(共栄作物)」で、
近くで一緒に育てると、病害虫を防いで、生長を促進しあうなど、良い影響を与え合うらしいです。
相性がとことん良いのですね。うまいことできてます。


[PR]
by masenaho | 2010-06-15 17:01 | 植物の記録
<< 雨にあじさい うれしい梅雨入り >>