冬のヒューケラ
c0202703_13383649.jpg
c0202703_14103683.jpgc0202703_14105296.jpg雪がちょろっと積もったり、寒さは継続中ですが寒さに強いヒューケラは元気いっぱいです。

葉がどんどん出てくるので、鉢が小さくってどうしよう…とおもっていたら、そんな空間的事情を察してか、土の肥料が減ってか、最近 葉がみるみる小さくなりました。。

特にヒューケレラ アラバマサンライズの小さくなり方が極端なので、昔の写真を探して大きさ比較。上が12月のはじめ頃に育った手のひらにせまる大きさの葉、下が最近育ったこじんまりした葉です。

他のヒューケラもちょっとづつ小さくなって…
そして、この以前のどでかい葉を思い切って取り除いて、なんとかかんとか鉢におさまってます。

色も随分変わって、秋頃のアラバマサンライズは黄色っぽい黄緑の芽が、育つと鮮やかな緑になっていましたが、最近は育っても黄色みの強い黄緑のままです。
c0202703_13485049.jpg
色の変化が一番大きいのはヒューケラ キャラメルで、緑や黄緑だった葉は、キャラメル色を超えて赤みが増してます。
とってもキレイ。赤土のレンガみたいな色。

もうひとつ、新たな動きはアラバマサンライズが茎(?)をのばしてきたことです。
ずっと地面から葉を茂らせていましたが、すっと伸びた茎から小さな葉がちょろちょろ。

ヒューケラ観察 まだまだ飽きそうにありません。
c0202703_1535836.jpg

[PR]
by masenaho | 2010-02-06 15:05 | 植物の記録
<< 春はピンク 無印のトークイベント採録 >>